コーヒーの栽培条件

コーヒーの知識

コーヒーは熱帯・亜熱帯地域のコーヒーベルト内で栽培されます。
その中でも気候、地形や高度、土壌の状態によってさまざまなコーヒーが栽培されています。

コーヒーベルトとよばれる帯

世界には約60カ国のコーヒー生産国があります
その大半は。南北回帰線(北緯23度27分、南緯23度27分)内の熱帯、亜熱帯地域に位置しています。
この赤道を挟んだコーヒー栽培地域をコーヒーベルトと呼びます。

気候条件

アラビカ種は高温多湿をきらい、さらに5℃以下の低音が長く続いてもダメージを被るため、湿気が少なく霜の降りない標高1000m〜2000mの高地で栽培されています。
一方、ロブスタ種は環境適応能力が高く場所を選ばず栽培できるため、標高1000m以下の低地で栽培されています。
雨は一年を通して降ることが望ましく(雨季、乾季の差が少ない)
年間降水量は1000mm〜2000mm。また適度な日照が必要だが、強い日差しや酷熱に弱いため、霧が発生するような地形、日中と夜間の寒暖差が激しい地形が好まれます。

豆知識
豆知識

コーヒーの木を強い日差しから守ためにバナナやトウモロコシ、マンゴーなどの
シェードツリー(日陰樹)を植える場合もあります。

土壌条件

コーヒー栽培に適し土壌は、「有機性に富んだ火山灰土質で、湿り気のある水はけのよい肥沃な土壌」です。
コーヒーの原産国であるエチオピアのアビシニア高原が火成岩の風化により形成された腐植含量の高い土壌であるため、栽培適地は自然とこのような土壌条件が目安になりました。
ブラジルの高原地帯、中米の高地、南米のアンデス山脈の周辺
アフリカの高原地帯、西インド諸島、インドネシア・スマトラ島ジャワ島といったコーヒーの大生産地はエチオピアに似た水はけの良い肥沃な土壌に恵まれています。
土の質はコーヒーの味にも微妙な影響を与えます。
一般に酸性が強い土壌で収穫されたコーヒーは酸味が強くなると言われています。

豆知識
豆知識

セラードの奇跡:ブラジルのセラード地域はオキソシルと呼ばれる土質で、農業には最悪の土壌、不毛な大地でした。
ところがブラジル政府は1970年代からこの土地の開発に乗り出し、さまざまな肥料を使って土から造り替えることで、一大農業地に転換させました。コーヒーの生産はもちろん、トウモロコシや大豆など、増え続ける世界の人口を支える一端を担う農地へと変貌しました。

地形と高度


コーヒーの栽培において、適切な高度は品質や風味に大きな影響を与えます。
中米各国のように大陸の中央を山脈が貫いているような産地では標高がそのまま格付けの基準となっています。
高度の高い地域で栽培されるコーヒー豆は、より鮮やかな酸味や複雑な風味を持つことがあります。一般的な高度の目安は、海抜1,000メートルから2,000メートル以上ですが、地域によって最適な高度は異なる場合もあります。
高度が高いほど、気温が涼しくなり、成長が遅くなるため、豆がよりゆっくりと成熟することがあります。これにより、コーヒー豆に複雑な風味が発達しやすくなります。

もっともブルーマウンテンやハワイ・コナといった高級コーヒーは必ずしも高地で採れるわけではありません。
適切な気温や降水量、土壌、さらには日中霧が発生したり、昼夜の寒暖差が激しいなどの気候条件に恵まれれば高品質のコーヒーが採れる場合もあります。
ですので厳密には「高地産=高品質」「低地産=低品質」ということは言えません。

こころ
こころ

標高はコーヒーの質を見極める判断材料の一つではありますが、おいしさの絶対条件ではないということ。産地の地形がもたらす気候条件の方がもっと大事。

タイトルとURLをコピーしました